物流アウトソーシング利用が自社の負担を軽減!?


自社での通販物流は負担が大きい

昨今ではインターネットやパソコンの普及していることから、通販はより身近な存在になっています。一般家庭では食料品や趣味、企業ではオフィス用品や工業製品など、その幅も広がりを見せています。通販の普及で多種多様な製品を手軽に販売できる反面、自社で物流を完結させるとなると人件費や倉庫管理、トラックの運用など多くの経費がかかります。商品トラブルが発生した場合も対応に追われるため、物流と事務作業どちらも中途半端になり、負担も増えてしまうのでないでしょうか?
そこで、物流アウトソーシングを活用し、物流と事務作業を分けることにより、効率的な業務を行うことができます。

物流アウトソーシングのメリットは?

アウトソーシングすることにより、人件費と倉庫管理費を抑えられることは言うまでもありません。倉庫内の備品関係などのバックヤード業務に必要なものは揃っています。事務と物流作業の二足の草鞋だと、どうしてもミスは発生してしまうのが現状ですが、梱包や検品作業も専門の業者に任せられるので、自社スタッフより早くて確実な作業がでて二度手間もなくなるはずです。

アウトソーシングだからこそ、サービスの幅が広がる!

物流をアウトソーシングしているということは、それだけサービス向上に力を入れられるということです。クレームの対応も大切ですし、その時々の流行やニーズに合わせた商品開発にも集中できます。通販では物流コストが多くを占めるものですが、お客様サービスも非常に大切です。
物流と事務作業を分けることにより、より効率的で生産性のある業務ができるのではないでしょうか。

通販物流は、専門システムを活用しながら、物品の管理や運用をしているので、効率良く、出荷の指示ができます。